人気の3dプリンターの選び方を把握しておきましょう

最新プリンターの導入

3Dプロッター

プリンターの選定

現在話題の3dプリンターがいよいよ全国の企業など含めて普及し始めました。但しまだ高額商品のため導入にあたっては選び方が大切です。3dプリンターの選び方のポイントは、まずは造形サイズの選定です。何となく大は小を兼ねるというイメージで大きい造形サイズが作れるものを選定しがちですが、大きいと寸法精度が劣ったり細かなパーツを作ったりする時、どうしても難があります。自分が最も必要とするサイズの3dプリンターを選定しましょう。この装置があると様々な材料を使えるからです。自分が使いたい材質が限定されているのなら必要ないかもしれませんが、将来のことも見据えて多種多様な材質が使える方が良いでしょう。

選定における豆情報

3dプリンターの選び方について色々紹介しましたが、大切なのは自分の作りたいものが作れることと操作性、それとサポートの充実と耐久性です。操作性は意外と見落とされがちで、いくら素晴らしい機能があっても使いこなさなければ意味がありません。まず操作ディスプレイが見やすい配列かどうか、それとソフトウェアは一般的なソフトがインストールされているかです。粗悪なソフトであれば避けたほうが良いでしょう。サポートの充実している3dプリンターの選び方は何と言っても日本製を優先させることです。海外品だと修理するのに海外へ発送しなければいけませんし運送費も時間もかかります。希望する機種が海外品しかない場合を除いて国産品を選びましょう。耐久性もあり安心です。

ビジネス用電話を安く使う

電話

ビジネスフォンは結構な数が必要になりますが、リースを使用すると簡単に導入できます。リースのメリットは経費処理できるところと固定資産税が発生しないといったものがあるのです。業者を選ぶ際は月額料金が違うので注意しておきましょう。

もっと見る

名刺を会社で刷るために

婦人

営業の人間が絶対に持っているものは名刺ですが、業者に頼まなくてもカードプリンタを使えば自社で刷ることができます。それに加えて、プラスチックの社員証も印刷できますので、会社の内外で活躍してくれるでしょう。

もっと見る

ビジネスチャンスをつかむ

電話するレディ

1本の外線を複数の電話機で発着信可能となるビジネスホンは主装置と複数の電話機で構成します。導入時の選択肢として、購入とリースがあります。購入にはまとまった資金が必要ですが、リースであれば毎月の経費として計上し、企業経営上も経費の見通しがよく需要があります。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加